〈PR広告を含みます〉

STEAM教育とは?そのメリットとデメリットを徹底解説

STEAM教育

以前に比べ「STEAM教育」という言葉を耳にすることも多くなったのではないでしょうか。

しかし、具体的にどのようなことをするの?どんなメリットがあるの?お家でもできるの?など疑問をお持ちの方もいると思います。

そこで今回はSTEAM教育について、詳しい内容と、メリットやデメリットについて解説していきたいと思います。

STEAM教育教材を利用してみたいという方は以下の記事もご覧下さい↓↓↓

【STEAM教育とは】

STEAM(スチーム)教育とは、

  • 科学(Science)
  • 技術(Technology)
  • 工学(Engineering)
  • 芸術(Arts)
  • 数学(Mathematics)

の頭文字を組み合わせた言葉で、これらの異なる学問分野を統合的に取り入れ、学習プロセスを促進する教育アプローチを指します。

このアプローチでは、生徒が問題解決能力や創造性を育むために、実践的な活動やプロジェクトを通じて学ぶことが重視されます。

例えば、ロボティクスやプログラミングの活動を通じて、生徒は科学的な原理や数学の概念を実際の問題に応用する方法を学びます。

また、芸術やデザインの要素を取り入れることで、創造性を促進し、学習の意味づけを強化します。

STEAM教育は、現実世界の課題に対処するための総合的なスキルを育成する点で、21世紀の教育において重要な役割を果たしています。

【STEAM教育の発祥は】

STEAM教育の発祥は、アメリカでのSTEM教育(科学、技術、工学、数学)の取り組みから派生しました。

STEM教育は、21世紀における重要なスキルを育成するための取り組みとして注目されていましたが、その後、芸術の要素を組み込んだSTEAM教育が提唱され、異なる学問分野の統合的なアプローチを強調しました。

この考え方は、生徒がより豊かな学習体験を得ることや、創造性を育成することの重要性を強調するなど、より包括的な教育目標に対応するものとして受け入れられています。

【幼児教育への有効性】

1. **好奇心と探求心の育成**: 幼児期は好奇心旺盛で、新しいことを学ぶことに興味を持っています。STEAM教育は、自然な探求心を活かし、幼児が自発的に学ぶ環境を提供します。

2. **総合的な学習体験**: 幼児にとって、遊びを通じた体験が学びの主要な形態です。STEAM教育は、遊びを通じて科学的な実験や工作、芸術的な表現を組み合わせることで、幼児が総合的な学習体験を得ることを促進します。

3. **問題解決能力と創造性の育成**: 幼児期にSTEAM教育を取り入れることで、問題解決能力や創造性を育成する基盤が築かれます。例えば、幼児がブロックで遊ぶことで空間認識や工学的な概念を学び、絵を描くことで想像力や表現力が養われます。

4. **自己表現とコミュニケーション**: STEAM教育は、幼児が自己表現し、他者とのコミュニケーションを通じてアイデアを共有する機会を提供します。幼児が自分の考えや感情を表現し、他者との協力や共同作業を通じて学ぶことができます。

総合すると、STEAM教育は幼児期において、好奇心や探求心を活かし、総合的な学習体験を提供することで、問題解決能力や創造性を育成し、幼児の成長と発達を促進します。

【STEAM教育は家庭でもできるの?】

STEAM教育は家庭でも実践することができます。家庭でのSTEAM教育の方法には、以下のようなものがあります

1. **実験や工作の実施**: 家庭で簡単な科学実験や工作を行うことができます。例えば、キッチンで化学反応を観察したり、リサイクル材料を使って創造的なプロジェクトを行ったりすることができます。

2. **観察と探求**: 家庭の周りの自然や日常生活の中で観察を促し、幼児と一緒に質問を投げかけ、探求することが重要です。例えば、庭や公園で植物や昆虫を観察したり、家の中で身近な物体の性質や特徴を探求したりすることができます。

3. **アートとクラフト**: 幼児と一緒に絵を描いたり、手工芸をしたりすることで、創造性や表現力を促進することができます。家庭でのアート活動は、STEAM教育の一環として重要な役割を果たします。

4. **デジタルツールの活用**: 家庭にあるデジタルツールやアプリを活用して、プログラミングやコンピューターサイエンスの基礎を学ぶこともできます。幼児向けのプログラミングアプリやオンラインリソースを利用することで、楽しみながら基本的なコーディングの概念を理解することができます。

家庭でのSTEAM教育は、親子の絆を深めるだけでなく、幼児の好奇心を刺激し、学びの楽しさを体験させることができます。

手軽に家庭でSTEAM教育を取り入れたい方はこちらの記事をご覧下さい。↓↓↓

【STEAM教育のメリット・デメリット】

メリット

STEAM教育のメリットは以下の通りです:

  1. 総合的な学習: STEAM教育は、科学、技術、工学、芸術、数学の異なる学問分野を統合的に取り入れることで、総合的な学習体験を提供します。生徒は複数の分野をつなぎ合わせながら学ぶことで、より幅広い視野を持つことができます。
  2. 問題解決能力の育成: STEAM教育は、生徒が現実世界の課題に対処するための問題解決能力を育成します。実践的なプロジェクトを通じて、生徒は問題を分析し、解決策を見つけるためのスキルを身に付けます。
  3. 創造性の促進: 芸術の要素を取り入れることで、STEAM教育は生徒の創造性を促進します。生徒は自分のアイデアや視点を表現する機会を得ることで、新しいアプローチや発見を生み出すことができます。
  4. 実践的な学び: STEAM教育は、実践的な活動やプロジェクトを通じて、生徒が理論を実際の状況に応用する機会を提供します。これにより、生徒は学んだ知識やスキルを実践的に活用することができます。
  5. 21世紀のスキルの育成: STEM分野のみならず、芸術的な表現力や創造性も重視するSTEAM教育は、生徒が21世紀のスキルとして求められる能力を総合的に育成します。これには、コミュニケーション能力、協力能力、批判的思考能力などが含まれます。

総合すると、STEAM教育は幅広いスキルを育成し、生徒が現代の社会で成功するための準備を支援する効果的な教育アプローチです。

デメリット

STEAM教育のデメリットには以下のようなものがあります:

  1. 専門性の欠如: STEAM教育は多様な学問分野を統合的に扱うため、特定の分野に深く踏み込む機会が少ない場合があります。そのため、生徒が特定の分野に専門的な知識やスキルを深める機会が制限される可能性があります。
  2. 資源や設備の不足: 実践的な活動やプロジェクトを実施するためには、適切な資源や設備が必要です。しかし、一部の学校や家庭では、これらの資源や設備が不足している場合があり、STEAM教育の実施が難しいことがあります。
  3. 評価の難しさ: STEAM教育は従来の評価方法には適していない場合があります。生徒が実践的なプロジェクトを通じて学ぶため、評価基準や方法が複雑化し、適切な評価が難しくなることがあります。
  4. 教師の準備不足: STEAM教育を実施するためには、教師が幅広い知識やスキルを持ち、それらを統合的に活用する能力が求められます。しかし、一部の教師はSTEAM教育に対する準備不足であり、効果的な指導を提供することが難しい場合があります。
  5. 学習の不均衡: STEAM教育では、生徒が自ら学びを進めることが重視されますが、その結果、学習の不均衡が生じる可能性があります。一部の生徒が自主的に学びを深める一方で、他の生徒が取り残されることがあるため、教育の公平性に影響を与える可能性があります。

これらのデメリットは、STEAM教育の実施に際して考慮すべき課題であり、適切な対策やサポートが必要です。

【まとめ】

STEAM教育はこれからの時代において、注目される学習分野だと思います。

STEAM教育を手軽に取り入れるには、サブスクなど教材に頼るのも1つの方法です。

僕ば自分が近年働いている幼稚園で、保育の中にSTEAM教育の考え方を取り入れて、子どもたちがどのような興味を示すか、どのように発展させていくか、模索中です。

少しでも子どもたちの成長の手助けになればと考えています。

タイトルとURLをコピーしました